医療脱毛のすべて

医療脱毛クリニックと脱毛サロンの大きな1つの違い

サロンとクリニックの違い
自己処理での限界を感じてしまったり、肌への負担を考えて脱毛クリニックや脱毛サロンの利用を検討するというのは、多くの方が経験するものかと思います。

しかしクリニックとサロンのどちらを選ぶべきか悩んでしまい、なかなか脱毛への第一歩を踏み出すことができないということもあるでしょう。

一見似ているような医療脱毛クリニックと脱毛サロンですが、実は明確な違いが2つあります。

クリニックとサロンの一番の違いは脱毛方式

まず、クリニックとサロンの一番の違いと言っても良いのが「脱毛方式」です。

どちらとも光を使った脱毛なため同じものだと思うかもしれませんが、実はクリニックはレーザー脱毛、サロンはフラッシュ脱毛というそれぞれ別の方式を採用しているのです。

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛はどちらとも仕組み自体は同じもので、肌のメラニン、つまり黒い部分に反応する光を肌に照射することでムダ毛を綺麗にすることができます。

しかし毛根まで破壊することができる威力を持つレーザー脱毛に対し、フラッシュ脱毛はあくまでダメージを与える程度の威力しかないという点は、特に大きな違いであるといえるでしょう。

毛が生えてくる元である毛根を破壊することができるということはすなわち、毛が生えてこなくなるということですから、永久脱毛をしたいのであればレーザー脱毛でのみ実行できるということになるので注意が必要です。

ちなみになぜサロンでもレーザー脱毛を導入しないのかというと、レーザー脱毛は医療従事者でなければ行うことができないためです。

レーザーで毛根を破壊するという行為が医療行為に当たるのです。レーザー脱毛より威力が弱いフラッシュ脱毛であれば破壊することはありませんから、エステティシャンなどでも扱うことができるというわけなのです。

レーザー脱毛は威力が強いため、少ない回数で脱毛を完了することができますが、痛みが強いため必要であれば麻酔などが用いられることもあります。

反対にフラッシュ脱毛は威力が弱いため時間がかかりますが、肌への負担が少なかったり痛みを感じづらいという魅力があるため、自分はどちらが良いのか考えて選ぶとよいでしょう。

クリニックとサロンは料金も違う

医療脱毛クリニックと脱毛サロンでは料金が異なるというのも、重要な違いのひとつです。

クリニックでの脱毛はその威力や期間などの関係上高価に設定されていることが多く、全身脱毛が20万円以上することも珍しくありません。

しかしサロンの場合は元々安価に設定されているだけでなく、時期によって料金が安くなるキャンペーンがあったりとかなりお得に脱毛をすることができるようになっています。

キャンペーンの中には両脇がワンコインや100円など目を疑ってしまうようなものも少なくありません。

若い方が脱毛サロンで脱毛をしているのを目にすることがあるかもしれませんが、それには料金がお財布にやさしめであるという理由が隠されていたわけですね。

最近のクリニックは痛みが少ない場合も

先程クリニックでの脱毛は痛みが強いと述べましたが、実は最近痛みがほぼないと言われる脱毛方式が主流となりつつあります。

蓄熱式脱毛といわれるそれは、従来のように毛根を破壊するのではなくその少し上にあるバルジ領域を破壊する方式であるため、格段に痛みが少なくなりました。

更に一度に威力の高いレーザーを照射するのではなく、威力が弱めなレーザーを複数回に分けるため、より一層痛みを感じづらくなったという驚きの変化があるのです。

もし金銭的な問題は関係なく、痛みが強いのが嫌だからサロンにしようという考えであれば、一度蓄熱式脱毛について調べてみるのも良いでしょう。

違いを知れば自分の好みで選びやすくなる

サロンとクリニックの違いまとめ
クリニックとサロンの違いは、上記の大きな2つ以外にもトラブル時に迅速に対応してもらえるかという点や、美肌効果が期待できるかどうかなど細かな点がいくつもあります。

それぞれの違いについて確認し、自分にあったほうを選びたいものですね。